ガステリア属の臥牛(がぎゅう)とは?

https://taniaru.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_149000414.png
YURI

臥牛の株の姿は何に似ていると思いますか?

臥牛の基本情報

牛が寝ている姿に似ているらしいです。牛の寝ている姿より、牛のベロに似ているのではないかと思いますが、いかがでしょうか。


そんな臥牛はガステリア属に該当します。

臥牛には葉の長さや幅、葉の行面の質感、斑の有無と複数の種類があります。

生長は遅いですが、夏の水やりを注意すれば初心者にも簡単に育てられる品種です。

名前

  • 品種:臥牛(がぎゅう)
  • 属名:ガステリア属
  • 別名:なし

育ち方のまとめ

  • 生長の姿:株全体が大きくなります。
  • 生長のスピード:遅い
  • 休眠:しない
  • 紅葉:斑がある種類は白い部分が赤くなります。
  • 環境:高温多湿が苦手です。夏に弱いです。

増やし方のまとめ

  • 増やし方:株分け、胴切り、実生
  • 葉挿しの発根率:低い

臥牛の季節ごとの育て方

春の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が完全に乾ききったら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:緑色をしており、子吹きをしているかもしれません。
  • 植え替え可否:おすすめ

梅雨の時期

  • 苗の置き場:雨の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり: 晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:緑色をしているでしょう。
  • 植え替えの可否:しない

夏の時期

  • 苗の置き場:直射日光の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり: 休眠中でも水やりの必要があります。 土が乾いていたら、夕方に水やりをしましょう。
  • 株の姿:緑色をしているでしょう。
  • 植え替えの可否:しない

秋の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:斑入りの場合には斑の部分が紅葉するでしょう。
  • 植え替えの可否:おすすめ

冬の時期

  • 苗の置き場:霜の当たらない日向が良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が乾いていたら、お昼前くらいに水やりをしましょう。
  • 株の姿:緑色をしているでしょう。
  • 植え替えの可否:おすすめ

おわりに

大きな鉢に大きな苗の臥牛が鎮座していたら、それはとても重みのある雰囲気がでるはずです。ゆっくりと生長する臥牛とともに素敵な時間を過ごしてみてください。

ガステリア属についてはこちらもどうぞ。

多肉植物のガステリア属とは?