暑くて何もしたくない!!多肉植物は放置でいいのでしょうか

https://taniaru.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_149000414.png
YURI

いつまでこの暑さが続くの?と思っている方がたくさんいらっしゃるはずです。この暑い夏の時期に多肉植物とはどのように関わればよいのかについてお話をします。

暑くてもやれること

暑いとどうしても涼しい部屋に引きこもりがちになりますよね。特に重要な用事がなければ、涼しい部屋にいたほうが、良いくらい尋常ではない暑さなので、それでいいと思います。

健康第一で多肉植物を楽しみましょう。外は暑くても多肉植物に関することでできることはありますし、夕方以降に涼しくなればできることもあります。

まずは夕方以降にできることと部屋の中でできることについてお話します。

夕方以降になれば外でできること

太陽が沈めば、少しは暑さが和らぎます。太陽が沈んでからできることは、水やりです。もしかしたら、夜ではなく、早朝に水をやればいいじゃないかと思うかもしれません。

朝に水をやってしまうと、水やりをしてから太陽が上がるまでの時間が短く、太陽が出ている時間が長くなります。もし、苗に水が残ってしまっていると、太陽の光で水が温かくなり、苗が焼けてしまうことがあります。

19時を過ぎても、涼しくなるかならないかの暑さが続く日もある都心です。夕方以降でも気温と体調を考慮して、作業をしてください。

涼しい室内でできること

暑い日の昼間はクーラーが効いた涼しい室内でできることをしたほうがよいです。

例えば、家の中であれば、ネットで多肉植物に関する情報収集をしたり、多肉植物の本を読んだりすることができます。

家の中で過ごすのはつまらないと感じる方は、ショッピングモールの雑貨屋さんへ行ってみてください。素敵な雑貨の中に植えられた魅せる多肉植物が置いてあるはずです。

秋に向けた準備もできます

暑い暑いと毎日言って過ごしていると、案外あっという間に秋が来てしまいます。秋が来ると多肉植物のシーズンの到来となります。シーズンが来ると、イベントに出かけたり、多肉植物の作業もとても忙しくなります。

夏の今のうちから秋に向けてできる準備もありますので、今度はそのお話をします。

イベント参加への準備

多肉植物のイベントは秋と春に多く開催されます。イベントの日程はまだ発表されていないかもしれません。イベントの多くは土日祝日に開催がされます。そのため、土日祝日の予定は開けて置いて、平日にできる別の用事を今のうちから片づけていってしまいましょう。

こちらの記事ではなぜ夏には多肉植物のイベントが少ないのかという内容を書いています。よろしければどうぞ。

解明!なぜ多肉植物のイベントは夏の開催が少ないのか?

植え替えに必要な道具の準備

秋になると、植え替えをすることになるでしょう。植え替えのための道具を準備しておくことも夏のうちにしておいたほうがよいです。用意する前に、今ある道具で不足しているものや不足しそうなものをリストアップしておきましょう。

もし、通販を利用して道具をそろえるようでしたら、ポイント還元率が高い時などを狙って注文するのもポイントを貯める楽しみにもなります。

事前に必要な道具を用意しておけば、いざ植え替えをしようとしたときに道具が不足していて、植え替えができないとなると、がっかりしてやる気が薄れてしまうこともあります。

事前に必要な道具の準備をしておいて、スムーズに作業ができるようにしておきましょう。

こちらの記事でも詳しく植え替えについてお話をしています。よろしければどうぞ。

【初心者必読】多肉植物の植え替え時に必要な4つのもの 多肉植物の植え替え時に入れる2つのもの

秋に必ず植え替えが必要になるわけではないです。こちらの記事で、どのような状態になったら植え替えをしたほうがいいのかについて書いています。よろしければ合わせてお読みください。

多肉植物を植え替えるタイミング

最後に

暑い夏に食べたくなるものと言えば、かき氷ではないでしょうか。家でもかき氷を食べたくなったらこちらの商品をどうぞ。何味のシロップをかけますか?練乳もお忘れないように!

おしゃれなかき氷機ですね。

こんなスリムなかき氷機でしたら、冬の間にしまって置く場所の心配がいらないですね。