アエオニウム属のレモネードとは?

https://taniaru.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_149000414.png
YURI

レモネードなので、黄色い株を想像しましたか?

葉が黄色になるのは、冬です。

それ以外の季節は爽やかな緑色をしているレモネードです。

レモネードの基本情報

レモネードはアエオニウム属に該当します。

夏に休眠をするので、外側の葉は枯れたような姿になり、内側の葉はぎゅっと縮んでいます。

葉を触ると、うっすらと短い毛が生えており、触り心地もペタペタと不思議な感じがします。

名前

  • 品種:レモネード
  • 属名:アエオニウム属
  • 別名:なし

育ち方のまとめ

  • 生長の姿:上に大きくなります。
  • 生長のスピード:普通
  • 休眠:夏
  • 紅葉:しない
  • 環境:高温多湿が苦手です。夏に弱いです。

増やし方のまとめ

  • 増やし方:挿し木
  • 葉挿しの発根率:低い

レモネードの季節ごとの育て方

春の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が完全に乾ききったら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:生長をする時期です。
  • 植え替えの可否:おすすめ

梅雨の時期

  • 苗の置き場:雨の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:休眠の準備をしているので、枯れそうな感じをしているかもしれません。
  • 植え替えの可否:しない

夏の時期

  • 苗の置き場:直射日光の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が乾いていたら、夕方に水やりをしましょう。
  • 株の姿:休眠をしているので、枯れたような姿をしています。
  • 植え替えの可否:しない

秋の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:徐々に休眠から覚めるでしょう。
  • 植え替えの可否:おすすめ

冬の時期

  • 苗の置き場:霜の当たらない日向が良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が乾いていたら、お昼前くらいに水やりをしましょう。
  • 株の姿:葉が引き締まっていてきれいな姿をしているでしょう。
  • 植え替えの可否:おすすめ

おわりに

レモネードは花が咲くと株が枯れてしまうことがあります。花の咲いた後には種ができているので、命がけの子孫繁栄といえますね。

アエオニウム属についてはこちらもどうぞ。

多肉植物のアエオニウム属とは?