コノフィツム属の花園とは?

https://taniaru.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_149000414.png
YURI

花園ができるぐらいの育てやすさのある花園についてです。

花園の基本情報

花園はコノフィツム属に該当します。

夏越ししやすく、丈夫でよく増える品種といわれています。株の形は足袋形(たびがた)です。 花は昼間に咲くので、鮮やかなオレンジ色をしています。

オレンジ色のきれいな花を咲かせます。

名前

  • 品種:花園
  • 属名:コノフィツム属
  • 別名:なし

育ち方のまとめ

  • 生長の姿:全体に大きくなります。
  • 生長のスピード:遅い
  • 休眠:夏
  • 紅葉:しない
  • 環境:高温多湿が苦手です。夏に弱いです。

増やし方のまとめ

  • 増やし方:実生
  • 葉挿しの発根率:低い

花園の季節ごとの育て方

春の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が完全に乾ききったら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:新しい葉が出てきているかもしれません。
  • 植え替え可否:おすすめ

梅雨の時期

  • 苗の置き場:雨の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり: 晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:休眠の準備をしているので、株の表面が茶色い皮を被り始めて枯れそうな感じをしているかもしれませんが枯れてはいません。
  • 植え替えの可否:しない

夏の時期

  • 苗の置き場:直射日光の当たらない場所で風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり: 休眠中でも水やりの必要があります。 土が乾いていたら、夕方に水やりをしましょう。
  • 株の姿:休眠をしているので、枯れた皮をかぶっています。
  • 植え替えの可否:しない

秋の時期

  • 苗の置き場:日の当たる風通しの良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:晴れ間が続くことが確認できる日に土が乾いていたら、水やりをしましょう。
  • 株の姿:徐々に休眠から覚め脱皮を始めるでしょう。開花もする時期です。
  • 植え替えの可否:おすすめ

冬の時期

  • 苗の置き場:霜の当たらない日向が良い場所がよいでしょう。
  • 水やり:土が乾いていたら、お昼前くらいに水やりをしましょう。
  • 株の姿:新しい葉が割れて出てくるでしょう。
  • 植え替えの可否:おすすめ

おわりに

目を引くようなオレンジ色の花を咲かせて、比較的丈夫な花園からコノフィツム属を育てるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

コノフィツム属についてはこちらもどうぞ。

多肉植物のコノフィツム属とは?