植物園だけではない!!多肉植物を見に行く場所はここもあります

https://taniaru.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_149000414.png
YURI

自分で育てている多肉植物だけでは物足りず、他の人が育てている多肉植物を見てみたいと思うことはありませんか。そう思った時に読む内容の記事を今回は書いてみます。

多肉植物を見るのに定番の場所

多肉植物が見られる場所の定番からまずはお話をしてみましょう。みなさんはどのような場所を定番の場所として思い浮かべますか。

園芸店(お花屋さん)

植物が販売されている場所言えば、園芸店です。ホールのケーキを買う場所と言えば、ケーキ屋さん!と同じくらい定番の場所です。

園芸店で多肉植物は販売をされているので、見ることができます。店舗によって、多肉植物を置く場所や置き方などがさまざまです。

ホームセンター

ホームセンターでも園芸品を取り扱いがあります。その園芸品のコーナーに多肉植物が置いてあります。

そこで多肉植物を見ることができます。

多肉植物の生産者のハウス

多肉植物を生産している生産者のハウスに行くと当たり前ですが、たくさんの多肉植物があります。

直接生産者と話をすることもできますし、使っている土や道具を見ることもできます。

生産者のハウスに行くことは、多肉植物を見るだけの目的ではなく、とても多くの発見ができる場所でもあります。

多肉植物を見るのに意外な場所

これまでお話をした場所以外にも多肉植物を見ることができる場所があります。そんなところにも多肉植物あったの?と思う意外な場所もあります。

どこか思い浮かぶ場所はありますか。

植物園

植物園で多肉植物を展示しているところもあります。

都内の植物園ですと、

  • 神代植物公園
  • 渋谷区ふれあい植物センター

があります。

都心の中にある植物園とは、とても贅沢な感じがしませんか。多肉植物以外の植物もありますので、緑を見て癒されてみてはいかがでしょうか

多肉友達の家(ハウス)

多肉植物つながりでお友達ができていると思います。そのお友達のおうちを訪問させてもらって、多肉植物を見せてもらうというのもあります。

お友達ですから、多肉植物に関することをより深く聞くこともできるはずです。

100円ショップ

100円ショップにて多肉植物が観葉植物と一緒に販売されていることがあります。100円ショップはたいてい、店舗の中あります。そのため、日が当たらずに多肉植物が徒長気味になっています。

徒長してしまうということはどういうことなのかを見るという意味でも100円ショップに行ってみるのもよいかもしれません。

こちらの記事では徒長について書いていますので、よろしければどうぞ。

日本多肉植物の会(JSS)について “]

雑貨屋さん

ショッピングモールや百貨店などの0おしゃれな雑貨屋さんにも多肉植物は置いてあります。おしゃれな鉢の中に入っています。そのような姿を見ると、多肉植物をどのように飾ったらよいのかとても参考になるはずです。

最後に

おそらく多肉植物が好きな方でしたら、多肉植物を見るだけに留まることはないはずです。きっと買ってしまうでしょう。

心が躍る何かを感じて買いたいと思う多肉植物に出会えたということは、もうこれは運命なのでしょう。